ウェブマーケティングも含め、ウェブサイト制作、コーディング、ECサイトの運営など、IT・WEB系で働きたいという人はコロナ禍以降、非常に増えたように思います。私の担当する職業訓練のクラスも、応募だけで言えば200名を超えるような人気ぶりです。

初めてウェブ系の業界で働くときに覚えておきたいのがお作法です。おそらく他の業界とは違う事が多いので、先に覚えておくとスムーズに業界に馴染めるかと思います。

ウェブ・ITは専門職であり、情報があふれている

事務で働いていた方、営業で働いていた方、製造現場で働いていた方など、様々な業界からウェブ業界に移ってこられます。転職のハードルは低めです。ウェブ・IT業界の特徴として知っておきたいのが「専門職であること」と「調べれば情報が見つかる事がほとんど」という点です。

一般的に日本で新卒として就職すると、「総合職」と「一般職」に分かれ、特に特別なスキルを求められません。働きながら専門スキルも身に着けて行く形になります。ウェブ・IT業界はそのような専門スキルゼロから入ることを想定していません。ウェブデザイナーであれば自分自身の作品や制作実績をまとめたポートフォリオが求められます。プログラマーやシステムエンジニアでも、実際に自分が作ったものを見せてほしいと言われる事がほとんどです。

もちろん一部の企業では、採用後に研修や教育を行って専門スキルを身につけられる場合もありますが、あくまで一部です。やはり多くの企業ではスキルと経験を持っている人を求めています。

なぜそこまでスキルや経験を求めるかといえば、スキルも経験も独自に磨くことができる土壌がウェブ・IT業界にはあるからです。スマートフォンでもパソコンでも検索すればいくらでも学習サイトはあります。それも無料で学ぶことだってできます。だからまずは自分で学んで、自分で作って、その成果を持って入社申し込みをして欲しいと考えています。

このあたり、営業であるとか事務員などの職種とはだいぶ違うと思われます。

まずは調べる、その後に聞くという習慣を

上記でご紹介したように、スキルを学ぶことはインターネット上の情報でできます。スキルを学べば、それを使って作品を作るとかプログラムを作ることも可能です。このような一風変わった土壌があるために、わからない部分を人に聞くときにもお作法のようなものがあります。

それが「まず自分で調べる」という点です。わからないことがあればそれを聞いて、先輩の知識や経験で解決するということが一般的かと思いますが、ウェブやITの業界は違います。なぜなら目の前にあるパソコンで調べれば、たいていのことがわかるからです。なのでまずは「インターネットで調べる」ことが重要です。ネットスラングには「ググレカス」という、「聞く前にGoogleで検索して調べろよ」というちょっときつい言葉もあります。

そして実際にGoogleで調べたとしてもわからない部分というのはあります。そうなったら、先輩や上司に聞いて解決をします。その際にも

  • どのようなことがしたいのか
  • どのようなキーワードで調べたのか
  • やりたいことの参考サイト・参考システムはこのようなもの

という点を重視して、わからないところを聞くのが良いでしょう。実際、私も職業訓練で教えているときに分からない点を聞かれるのですが、どのようなことがしたいのか、どのようなコーディングをしているのか、サイト構成はどうなっているのかなどがわからない状況で答えないといけません。ですから、少しでも解決のためのヒントを貰わないと、回答のしようがないのです。

ですので、まずは自分でできるところまで解決を探り、できない部分とそれまでにやってきた内容と目指すべきゴールをしっかり説明してから、質問するのが良いでしょう。質問力という本もありましたが、ウェブ・ITの業界ではこの質問力は非常に重要です。

参考になるサイトのご紹介

とは言え、いきなり検索するとたくさんのサイトがヒットしますし、中には適当な説明をしている・間違っているサイトが上位表示されていたりします。ですので、ある程度長く業界にいる人間として「こういうサイトを見たらいいよ」というのをご紹介しておきます。あくまで私はウェブマーケターですので、ウェブデザイン・ウェブコーディング系に偏っていますが、ご了承くださいませ。

コリス

ウェブデザインに関して、随時情報を提供してくれているサイトです。フォントやアイコンなどの無料ダウンロードができるサイトの紹介やAdobeが割引しているときなどにもブログで紹介してくれるので、ウェブデザインをやりたい人は絶対にチェックしておいた方がいいサイトです。

ウェブクリエイターズボックス

こちらもウェブデザイナー向けのサイトです。ウェブデザインだけでなく、最近ではコーディング系のお話もあります。過去のブログを辿っていけばかなり勉強になるかと思います。

ウェブ担当者フォーラム

ウェブ担当者フォーラムはECやウェブマーケター向けの情報も多い、総合的なサイトです。最新のウェブ業界の情報、SEO対策などについても知ることができます。漫画で学べるコンテンツもあるので、わかりやすいかと思います。

Photoshop VIP

名前の通り、Photoshop系の話題やウェブデザインに関する話題が中心のサイトです。1本あたりの情報量が非常に多いので、アイデア出しや必要な情報は保存しておくことをおすすめします。

ドットインストール

You Tubeが今ほど有名になる前から、動画でコーディングやプログラミングの方法を無料で教えてくれたサイトです。今はYou Tubeにもたくさんの人が動画をアップロードしていますが、目的ごとにまとめて学ぶにはこちらが便利です。

Progate

職業訓練でコーディング練習をするならこれ、というくらい多くの人が練習に使っているサイトです。基本的なHTML・CSSなどを学び始めるのによいサイトかと思います。

まとめ:一生勉強し続けよう

以上、ウェブ業界・IT業界の特徴的な部分をご説明しました。今後ウェブ業界・IT業界に入りたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。今は人手不足ですし、きっとスキルを身につければ就職も可能だと思います。