ウェブサイトを製作する会社の責任範囲はどこまでなのでしょうか。「契約書に書かれている範囲内」というのが正しい答えになるのでしょうが、実際に一緒に仕事をしていくとウェブサイト製作だけでなく「あー、ここも直したほうがいいなぁ」とか「マーケティングの部分が不足しているな」など、クライアントの状況が見えてくるかと思います。

さて、その場合ウェブサイト制作会社はどこまでやるべきなのでしょうか?答えはもうタイトルに書いているとおりなんですけれども、予算によって変動するとしか言えません。逆に、「かわいそうだから」とか、情で無料対応なんてするのは止めておくべきです。

本業もウェブサイト運用も努力なしに成功はない

予算10万円、どこまでできますか?

例えばウェブサイト製作のために出せる金額は10万円ですという企業があるとしましょう。中小零細企業ですが、あなたならどこまでできますか?

弊社の場合、外部トップクラスのコーダー・デザイナーを使えば製作だけで100万円は超える場合がほとんどです。10万円でしたらテンプレートを使用、デザインは一切触らない、画像と文章はすべていただく、という形ならできる製作会社もいるかと思います。弊社も私一人で上記条件ならできなくはないでしょう。

ではこのウェブサイトは十分でしょうか?もっと言えば、ウェブサイトから売上をあげたい・問い合わせを増やしたい・SEO対策をしたいという場合に、この予算で製作したウェブサイトで十分効果をあげられるでしょうか?

おそらく、それは無理でしょう。とりあえずサイトを作った、というレベルであってその後改善を加えるとかよりも、そもそも最初の時点でウェブサイトをしっかり作っておくべきということになりそうです。

もちろんクライアントはいい人で、ビジネスを応援してあげたいという人もいるでしょう。しかし我々はボランティアでやっているわけではありません。プロとしてビジネスでウェブサイト製作をしています。バナー・ボタンの画像一つとっても無料ではありません。

結局、どんなに粗が見えてもどんなに「クライアントのためにやってあげたい」と思ったとしても、その企業にとって予算がなければどうしようもないのが現状でしょう

ゼロベースで考えるベストプラクティスは?

コンサルティングをする際に必要な「ゼロベースで考える」という思考方法ですが、ゼロベースでクライアントの為にできることを考えましょう。ヒト・モノ・カネ・情報の経営資源に糸目をつけず使える場合、どのような提案ができるでしょうか。

この場合ウェブサイトを作るだけではなく、リスティング広告やSNSと連動させ、問い合わせを増やすということができるでしょう。SEO対策もアクセス解析から改善し続けることも出来ます。またテレビCMと連動させることもできるし、キャンペーン用のランディングページも作ることも考えるでしょう。

しかし残念ながらこのようなゼロベースで考えたことが実行されることはありません。ヒト・モノ・カネ・情報の中で足りないモノだらけの中、ビジネスを行わなければならないのが中小零細企業です。そこでできることは限られています。

ウェブサイトを作らないことがベストの場合も

そして、重要なことはビジネスのコアより優先すべきウェブサイトと言うのは存在しないということです。旋盤加工の会社はウェブサイト製作ではなく、旋盤加工をして製品を作り販売することがビジネスのコアです。ネイルサロンはお客様にネイルを施すことがビジネスのコアです。

ECサイトのようにウェブサイトがビジネスのコアに直結する場合もありますが、多くの場合はビジネスのコアに貢献するためにウェブサイトは存在します。例えばウェブサイトから発注・問い合わせを増やす、もしくはより詳しい情報をウェブサイトで伝えるなどです。

それらビジネスのコアを差し置いてまでウェブサイトを作る・運営する・保守管理するべきではありません。運用する人がいない、コストが払えない場合など、ウェブサイト製作を断る勇気も必要です。クライアントのためを思うのであれば、ウェブサイトを作らないという選択肢もありえます。

たいてい失敗は「運用コストを払わない」ことから発生する

弊社が今まで体験したウェブサイト製作の事例から「もっとうまくできたなぁ」というパターンを考えると、大抵の場合「運用コストを払わない」という決断をされた企業ほど、失敗をしてきているように思います。

例えば弊社が製作したWordPressのサイトを導入したところ、問い合わせ・求人応募が来るようになりました。それだけで十分成功と言えるのですが、その後のWordPressの更新・操作に関しての保守管理・研修はもういらない、というお話になりました。

初回納品時に必要な更新方法などはまとめてお渡ししていましたが、それ以上のカスタマイズや今後さらにページを増やす場合などに対応できなくなりました。また新しいWordPressの更新やプラグイン・テーマの修正などもできなくなりました。結果としてユーザーもクライアントも利益も大きかったけれども、損失もあったと言えます。

もう一つは弊社で詳細に「このように更新します」「SEOではこのようにすることが望ましいようです」とアドバイス・初期研修を行ったにも関わらず、その後に出てきた新しい修正・更新などにコストをケチったことです。結果的にクライアントは自分ではわからないので放置したままという状況になりました。

成功の秘訣は「労力」か「金」をかけるしかない

さほど多くのクライアントを見てきたとは言えませんが、弊社が見てきた中でウェブサイトがうまく回っている企業に共通していることがあります。一つがインハウスのウェブ担当者を据えて、担当者・責任者共に一生懸命勉強して労力をかけた企業です。そしてもう一つがお金をかけ続けている企業です

セミナーの際に私もちらほら言いますが、SNS運用にしてもリスティング広告にしても同じで、ウェブサイトも「労力をかける」か「お金をかける」しか成功の方法はないかと思います。労力もかけずお金もかけず成功することなんてまずありません。

どうしても製作会社として「もっとやってあげたい」という気持ちがあるのはわかります。しかしウェブサイト製作は一つ修正し、運用し続ければ1~2週間でまた修正・改善しなければならない部分が出てくるものです。何度も修正・改善を無料で受けるのは自分・自社を不幸にしかねないので絶対にやめておくべきです。

そもそもの話ですがビジネスは弱肉強食であって、のほほんと寝ていれば誰かが自動でうまい具合にやってくれ、利益を産んでくれるわけではありません。必死に考えて労力をかけて、時間をかけて初めて成功します。それはビジネスのどの部分でも同じです。広告もそうだし仕入れ・販売・製造・経理、なんでもそうです。

それをウェブサイトだけは楽をしようと考えるのであれば、それは考え方を変えてもらわないと製作会社もどうしようもありません。業界としてそういった「ウェブサイトは楽ができる」という考え方を変えるように動くべきなのかもしれません。

どちらにせよウェブサイト運用に労力をかけるか、時間をかけなければ成功はない、セカンドチャンスはそう考えています。