マーケティングオートメーションというワード、多くの方が一度は聞いたことがあると思います。アメリカで考えられてツールとされたものです。もともとアメリカは人種も文化も宗教も生活も統一されていません。いろいろな人が3億人以上住んでいる国ですので人によって趣味趣向やこだわり、宗教上の禁忌なども大きく違います。

そこで顧客を属性ごとに分け、属性に合わせた広告やダイレクトメールを送れるように考えられたのがマーケティングオートメーションです。ITを活用し、できる限り細かく属性を分け、送るメッセージを変えることで、効果的なアプローチが可能です。また必要のないメールや広告を表示しないことで、ブランド価値を守ります。

そんなマーケティングオートメーションツールとして無料で利用できるのが「mautic」なのです。

マーケティングオートメーションを始めるなら無料のmauticから

mautic以外のMAツールは?

マーケティングオートメーションのツールはいくつも存在します。

MAツール名 初期費用 月額費用
マルケト 要見積り 要見積り
SATORI 100,000円 100,000円~
Hubspot 0円 0円~
Kairos3 10,000円 5,000円~
mautic 0円 0円

料金はかなり幅がありますが、使える機能や他社ツールとの連携などが違います。またどの程度の見込み顧客を登録できるか、サポートが有るかどうかなども大きな違いです。

ツールはいくつかありますが、まずは無料で利用できるmauticでマーケティングオートメーションとはどんなものか?を知るのが良いのではないでしょうか。

mauticでできること

ではmauticで一体どういう事ができるのでしょうか。下記に3つの使い方を記載しますので、是非参考にしてください。

事例1:展示会後の顧客アプローチに

1つ目が展示会で名刺交換した方々へのアプローチです。展示会では100枚以上の名刺を集めることになるかと思います。100人の方々にそのままテレアポしても問題はありません。ただ、そのテレアポの手間を少しでも減らし、さらに顧客の理解を促すことがMAツールでは可能です。

まず、展示会後に取得した名刺をMAツールに登録します。次にメールを送るのですが、内容を考えます。例えば展示会で案内した商品の詳細が書かれたホームページURLを案内するなどの方法があります。このとき、メールに必ず自社サイトのURLを貼り付け、できるだけホームページに来てもらえるようにすることがポイントです。

そうすれば登録した名刺とアクセスしたユーザーが結びつきます。これにより「いつ・どのページを見たか」などがわかります。逆にページを見ていない・メールを開封しないというユーザーもわかります。メールを開封しない・ホームページにやってこないユーザーは顧客になってくれる可能性は低いため、テレアポせずに済みます。

さらに「サンプルプレゼントメール」や「無料のPDFプレゼント」など、様々な内容をメールでアプローチすることで、すぐには顧客にならなクても、長期的に顧客になってもらうこともできます。

このように展示会後のアプローチを効率的に行うこともMAツールなら可能です。

事例2:価格表ダウンロードで顧客を明らかに

2つ目は自社のサイトで価格表をダウンロードできる、PDFにしておくというパターンです。商品や価格がわかる一覧表をホームページにそのまま掲載している企業は多いでしょう。その詳細がわかる冊子をダウンロードできるようにしておくのです。自社のパンフレットでも良いでしょう。

この際、mauticであれば「アセット」に登録しておくことで、ダウンロードしたユーザーを追跡することができます。ダウンロードするために名前や会社名、連作先を入力することを必須にすることで、そのアプローチをすることができるようになります。テレアポを直接行ってもいいですし、メールでコンタクトをとっても良いでしょう。

アメリカでは「事例集のPDF」や「使い方PDF」のダウンロードをきっかけにして、マーケティングオートメーションを始める事がよく行われています。日本でも同じような方法を使えますし、価格表や自社パンフレットのPDFダウンロードなら簡単に始められるのではないでしょうか。

事例3:交流会で名刺交換した方を登録管理

3つ目は個人事業主の方におすすめの交流会で名刺交換した方の管理です。名刺交換した方々の名刺をどう管理するのか?なかなか悩ましい問題だと思います。そこで名刺交換した方々の情報をすべてMAツールで管理するという方法です。

mauticであればコンタクトから追加することができますので、会社名・名前・メールアドレス・電話番号・住所など情報を登録しておきます。そうすれば、後々メールを送ることも可能です。情報はすべてmauticから引き出せばOKです。もちろん入力した情報についてはエクスポートすることも可能です。

マーケティングオートメーションというよりも、情報管理単体として使い始めるのも一つの方法です。

マーケティングオートメーションをはじめてみましょう

マーケティングオートメーションは今まであまり身近なものではありませんでしたが、mauticの登場によりここ数年は一気に身近なものとなりました。個人事業主・中小企業が使えないものではなくなったのです。もちろんマルケトのような世界レベルのツールに比べると見劣りはしますが、ある程度の機能は兼ね備えています。

ぜひ一度無料のクラウド版から始めてみてはいかがでしょうか。