AIや機械学習といった先端技術ですが、実は日本は世界に比べるとだいぶ遅れているそうです。最先端を走っているのがアメリカ、そして中国の2つの強国だといいます。日本は検索エンジンがYahooやGoogleに負けるなど、IT分野ではどうしても弱いですよね…

でもしかし、プレイヤーとしてならまだまだ良い位置をキープすることが可能です。AIや機械学習を開発することは私もできません。しかしAIや機械学習を利用することでしたら私でも、そしてこれを読んでいるあなたにも可能だということをご存知でしたか

Google広告で気軽に機械学習に触れる

AIや機械学習というのを利用する、気軽に触れてみるならGoogle広告が一番でしょう。Google広告は非常に先端的な機械学習・AIを取り入れており、日夜改善されています。そのおかげでアカウント運用もだいぶ楽になり、本質的なビジネスや顧客のことを考える時間を増やすことができています。

Google広告では様々な場所で機械学習が使われているとされています。その中でも最新のアルゴリズムが使われていると言われているのが

  • レスポンシブ広告
  • コンバージョンに関する自動入札

です。

ユーザーごとに文言、画像でバナーを作る「レスポンシブ広告」

1つ目がレスポンシブ広告です。レスポンシブと聞くとサイト制作のことを思いつく人も多いでしょう。Google広告におけるレスポンシブ広告はユーザーごとに最適な広告を作って表示する事ができる広告のことを言います

例えばAさんがあるキーワードで検索したときに出てくる広告と、Bさんが同じキーワードで検索したときに出てくる広告が違うのです。そのユーザーの持つ属性を考慮し、よりよい広告を生成してくれます。

このレスポンシブ広告は検索連動型広告・ディスプレイネットワーク広告ともに行うことができます。

検索連動型広告の場合は見出しを複数登録しておきます。この見出しをユーザーに合わせて組み合わせて、独自の検索広告を作り出すのです。ディスプレイネットワークの場合は見出しだけでなく、画像も登録することができます。画像と文章をユーザーに合わせて作り変えてくれるわけです。

今までもこのような広告は存在していました。crimtanなど、世界的にはよく使われていたのですが、Google広告の管理画面からも設定できるようになりました。これは機械学習やAIの判断というのがわかりやすい事例だと言えるのではないでしょうか。

コンバージョンしやすい属性を探し当てる「自動入札」

広告側だけでなく、キーワードの入札についても機械学習・AIが使われています。中でも「コンバージョンの最大化」や「目標コンバージョン単価」など、コンバージョンに関係する自動入札が最新であると言われています。コンバージョンはビジネスに直結する部分で、ぜひ機械学習の力を借りたいところです。

実際に自動入札機能が昔よりも良くなっているなと思うのは、最初のクリック単価から3分の1までクリック単価を下げることができたときです。私の方はいつもどおりの運用しかしていませんが、機械学習のおかげでクリック単価が3分の1に減り、費用を抑えることができました。

コンバージョンについてもかなり高額な商品にもかかわらず、月数万円の金額で問い合わせを獲得できています。しかも、専用のLPを使わずとも問い合わせが発生しているので、かなり熱量の高いユーザーに表示されるようになったのだなと実感しています。

リスティング広告で機械学習・AIを体験してみては

以上、リスティング広告で最新の機械学習やAIを利用することができるという事例でした。実際、日本では機械学習やAIといった言葉を聞いても、たじろぐ人のほうが多いと感じています。場合によっては仕事が取られてしまうと恐怖におののいている人もいたりします。

ですが実際に機械学習やAIを使ってみれば、便利で良いことがたくさんあります。ぜひリスティング広告をきっかけに機械学習・AIに触れてほしいと思います。